DrinkBritain.com – Day Trippers YEAH!

Birds, demon badgers and listening to bubbles all add up to a peculiarly British notion of terroir as River Café sommelier and pop-up restaurateur Emily O’Hare heads off to the South Downs
River Café」(イギリス、ロンドンのイタリアンレストラン)のソムリエ、そして新進気鋭のレストランオーナーであるEmily O’Hareがサウスダウンズを訪れ、鳥、アナグマ、泡の音、全てがイギリス特有のテロワールの観念になるということに気付いた。

"Did you hear that yaffle?" asked Peter.
Sitting at lunch with Breaky Bottom winemaker, Peter Hall in his home in Sussex, I had not heard the call of the green woodpecker. My attention was elsewhere, my ears were otherwise engaged – in a flute of Peter’s sparkling wine made from the white grape variety, Seyval Blanc. When sparkling wine is poured for me, I always like to listen to it. I like to hear those bubbles fizzing and popping, noisily celebrating their escape.
After listening, I look – to admire the tiny size and evenness of the bubbles weaving through the wine. A good sparkling winemaker threads those bubbles carefully through his/her wine like a good tailor or seamstress, adopting the methods and techniques of the vignerons in Champagne to create this fine texture. In the mouth, that attention to detail will be felt. The bubbles in my glass today are creamy and moussey, not big and aggressive, and so it was as I went through these stages with Peter’s wines and ignored the yaffling.
「Yaffle(=鳥:ヨーロッパアオゲラ)の鳴き声を聞きました?」私はPeterに訪ねた。
サセックス州、Breaky Bottomのワイン醸造者、Peter Hall氏の自宅でのランチの際、ヨーロッパアオゲラの鳴き声を聞いていなかった。私の耳は、フルートグラスに注がれた、(白ブドウ)Seyval Blancで作られたPeterのスパークリングワインを「聞く」ことに集中していた。スパークリングワインが注がれるときはいつも、それを聞くのが好きなのだ。泡たちが音を立てて生き生きとはじけて、自分たちの「解放」を騒々しく祝う音を。その音の後は、微小で均一な泡がワインの中を波打つのに見惚れる。
秀逸なスパークリングワインメーカーは、高級なテーラーのように、なめらかな食感を造り出すために、シャンパーニュ地方の手法とテクニックを採用し、慎重にワインの中に泡を紡ぎ込んでいく。口に入れると、その細部への配慮が感じられるだろう。今日の私のグラスの中の泡は、クリーミーでムースのようで、細かく生き生きとしている。そしてまさに私がこの工程に夢中になっているときに、ヨーロッパアオゲラの鳴き声を聞き逃してしまったのだ。

Discovering what's on your doorstep

目の前の出来事の発見

I was on an English winery tour organised by Meegan Murdoch, energetic recent graduate from Plumpton College, and Canadian winemaker, Bob Madil. Bob is co-owner of Sheldrake Point Vineyards in the Finger Lakes region of New York state, and had read much about the booming winemaking industry in the UK. He was curious to meet, “to toast and to taste with like minds” winemakers working “off the grid” with similar grape varieties to those of his homeland, also operating in a marginal climate.
I must admit I didn’t know much about the English wine industry prior to this visit. I would always order a glass of Nyetimber (arguably England's most well-known sparkly) if I saw it on a restaurant list, and had enjoyed still whites from Denbies – England’s largest winery on a single site – with picnics last summer. But I had never visited any English vineyards. I have travelled on planes and coaches to tour the vineyards of Argentina, France and Italy, but I’d never gotten round to seeing the vines and tasting the wines that lay only an hour from my doorstep.
私は、最近Plumpton Collegeを卒業した、活動的なMeeghan Murdoch氏と、カナダ人ワイン醸造家、Bob Madill氏が主催するイギリスのワイナリーツアーに参加した。Bobは、ニューヨーク州フィンガーレイク地方のSheldrake Point Vineyardsの共同経営者であり、イギリスのワイン醸造ブームについての文献を多く読んでいた。彼は、彼の自国のブドウと同じような品種を扱い、また生産力の低い気候でのブドウ栽培を行うワイン醸造家のような気持ちでイギリスワインを味わいたがっていた。私は実は、この訪問以前はイギリスのワイン産業についてあまり知識がなかった。
もしメニューの中にNyetimber(ほぼ間違いなく、イギリスでもっとも知られているスパークリングワイン)を見つけたら、必ずオーダーしていたし、昨夏のピクニックではDenbies(イギリス最大の単一サイトのワイナリー)の白ワインを楽しんだ。し かし、それまで一度もイギリスのヴィンヤードを訪れたことはなかった。アルゼンチン、フランス、イタリアのヴィンヤードへは、飛行機や長距離バスを使って 旅をしたことがあったが、家からたった1時間の距離にあるヴィンヤードのブドウを見たり、そこで造られるワインを味わうことをせずにいた。

Inspired by Champagne

シャンパーニュからのヒント


We had begun our day with RidgeView’s vineyard manager Matt Strugnall at the foot of the South Downs. Founded in 1994, RidgeView’s aim has always been to create world class sparklies comparable to those from Champagne. After all, the Champagne region is only 88 miles south of RidgeView, and soils in this part of England are similarly rich in chalk and fossils.
The vineyards are planted with the Champagne varieties – the white Chardonnay and the red Pinot Noir and Pinot Meunier – and each contributes different characteristics to the final wine.  Chardonnay tends to bring finesse, Pinot Noir lends weight and power while Pinot Meunier brings flavoursome fruit to the blend.
The lesser known of the three, Pinot Meunier, is particularly easy to identify in the vineyard. Meunier is French for ‘Miller’ and the grape gets its name because the underside of its leaves look like they have been dusted with flour.
Romantic images of millers walking through these vineyards are soon replaced however by horrific scenes of demon badgers. It turns out, badgers are a real pest in southern England. Apparently they steal into the vineyards and crawl up the trunks of the vines, resting their paws on the training wires while nibbling on the precious grapes. Deer too are a nuisance, with a penchant for fine fruit, so fences are constructed that deer cannot leap over or badgers break through. Bob tells us that in the US it is raccoons and turkeys that like to treat themselves to dinner in the vineyards.
私たちはまず、サウスダウンズ(イギリス南部の低い草地性丘陵)のふもとで、RidgeViewのヴィンヤード責任者、Matt Strugnall氏に会った。1994年に設立されたRidgeViewは、シャンパンに比類する世界に通用するスパークリングワインを造り出すことを目標としている。もともと、シャンパーニュ地方は、RidgeViewの南端からたった88マイルしか離れておらず、またイギリスのこの地域の土質は、石灰と化石土壌を多く含み、シャンパーニュ地方のそれとよく似ている。
ヴィ ンヤードではシャンパンのブドウ品種(シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ)が栽培されており、それぞれの異なった個性によって、ワインの味が造り 出されている。シャルドネは洗練さを、ピノ・ムニエが風味豊かな果実味をもたらし、ピノ・ノワールは重厚さと力強さを添える。
この、あまり知られていない品種ピノ・ムニエは、ヴィンヤードの中でも特に際立った個性を持つ。「ムニエ」は、フランス語の「粉屋」という意味で、ピノ・ムニエのブドウの葉の裏側が小麦粉をまぶしたように見えることに由来する。
ヴィ ンヤードを歩いているときの「ムニエ」のロマンティックなイメージは、「悪魔の」アナグマの恐ろしい光景ですぐに消えてしまった。アナグマはイギリス南部 では有害な小動物とされている。ヴィンヤードにそっと忍び込み、ブドウの木の幹を這い上がり、ワイヤーに脚をかけて体を休めながら、大切な果実を齧るの だ。鹿も同じように、ヴィンヤードのブドウを好むやっかいな動物のため、フェンスは鹿が飛び越えないように、またアナグマが壊して入り込まないように設計 されている。Bobは私たちに、アメリカではアライグマと七面鳥がイギリスのそれに当たると教えてくれた。

A time to taste

テイスティング


Back in the winery, all the wines are named after smart London locations and we begin with the Bloomsbury 2008. Chardonnay dominates, accounting for over half the blend. I listen, my ears tingle lightly, and then I look: the wine is pale lemony gold with fine, tiny bead-like bubbles. I smell – the aromas are of orchard fruit – and finally taste. In the mouth there is this crispness and crunch you might expect from a just-ripe Cox’s apple and a just underripe Comice pear. It is a rather thrilling experience – such delicacy of aroma and flavour but with such high, lively acidity. With my sommelier hat on, this sort of experience could be topped with a plate of grilled mackerel.
The Grosvenor follows. A wine made just from Chardonnay, it displays the orchard fruit of the Bloomsbury on the nose while in the mouth there is a slightly richer sensation, and the flavours are nuttier, more honeyed than the first wine. I think about cold leftover roast chicken, fresh white bread and butter, and how a glass of the Grosvenor would be all the dressing up the dish needs.
The Knightsbridge 2008 is next. Made solely from the black Pinots, Noir and Meunier, it is bigger and broader than the previous two wines. It is quite extraordinary to drink, the aromas and flavours pale in comparison to the sensation of the wine in the mouth. It is a robust and powerful mouthful, the flavours are riper, they verge on the tropical, but this all tapers to such a fine point, the acidity directing fizz and fruit to the tonsils to leave the mouth refreshed and invigorated.
I felt like I’d just swallowed some precious, sparkly scaled flat fish. As we were hurried out and on to our next visit, to Breaky Bottom a 40 minute drive away, I checked my reflection in the car wing mirrors, half expecting to see a tail flipping wildly between my lips.
ワイナリーに戻り、私たちは「Bloomsbury 2008」(すべてのワインには、ロンドンのお洒落なエリアの名前が付けられている)からテイスティングを開始した。シャルドネのブレンド比率が半分以上を占める。耳がかすかにぴりぴりするような音と、質の良い微小な泡、薄いレモン色のゴールド。果実の香り、そして完熟したCox’s apple(イギリス産リンゴ)と完熟前のComice pear(西洋ナシの一種)のみずみずしさとパリッとした感触。繊細な香りと風味ながらも、生き生きとした高い酸味は、まさに感激に値する体験だった。ソムリエの立場から言うと、このようなワインはグリルしたサバの料理と共に味わうと最高である。
続いて「Grosvenor」。シャルドネだけで造られたスパークリングワインで、「Bloomsbury」と同じく果実の香り、かすかに濃厚で、木の実と「Bloomsbury」よりも甘い味わいを持つ。私は、食べ残しの冷えたローストチキン、フレッシュな白いパンとバター、そしてこの「Grosvenor」がどんなに全ての豪華な料理に必要なワインであるかということを考えた。
次は「Knightsbridge 2008」。ピノ・ノワールとピノ・ムニエの黒ブドウのみで造られる、これまでの2つのワインよりも「壮大」なスパークリングワインだ。口 の中に含んだときのインパクトが、その香りと味わいに比べて強烈で、その点で極めて並外れている。しっかりと力強く、熟した味わいでトロピカルフルーツに 近い。しかしこれは、次第に絶妙なレベルにまで収まり、喉を通り、口の中に余韻の残る酸味は、さわやかでリフレッシュする味わいだ。
まるで、ある希少な、きらきらしたうろこのある平な魚を飲み込んだような感触がした。私たちは急いでRidgeViewを後にし、次の訪問先、車で40分のBreaky Bottomに向かう途中、尾ひれが唇の間で激しくピチピチと動いていることを半分期待しながら、車のサイドミラーを覗き込んだ。

One of the originals

オリジナルのひとつ


Next stop, Breaky Bottom. Peter Hall planted Seyval Blanc back in 1974. This grape, developed in France in the 1920s, thrives in our cool climate – and also in Ontario, Canada. As it turns out, Bob is very familiar with this variety since it was one of the first varieties he worked with when he began his winemaking career. Back at Breaky, Peter also grows Müller Thurgau (another white variety that likes cool climates, hence feeling at home in England, and in Germany and Northern Italy) and he has just recently planted a little Chardonnay.
Peter’s Seyvals are “exceptional…linear, expressive and above all else with explosive energy” says Bob, “with some of the same qualities you see in Finger Lakes Riesling at the extreme edge of dryness”.
次の目的地はBreaky Bottom。オーナーであるPeter Hall氏は1974年にセイヴェル・ブランを植樹した。1920年代にフランスで開発されたこのブドウは、ここイギリスやカナダのオンタリオの寒冷地でよく発育する。Bobがワイン醸造のキャリアを始めたときに、初めて扱った品種のひとつがセイヴェル・ブランだったということで、この種について詳しいようだ。Breakyに戻り、Peterはミュラー・トゥルガウ(寒冷地に適し、イギリス、ドイツ、北イタリアに馴染む白ブドウの品種)も育てており、ごく最近シャルドネも何本か植樹している。
BobはPeterのセイヴェル・ブランを、「並外れて直線的で、表情豊かで、他の全てを凌駕する力強さを持ち」、「極限の乾燥地帯、Finger Lakes のリースリング と同じようなクオリティがある」と表現した。

Sussing out Seyval

セイヴェルへの理解


I had never tried Seyval Blanc before, but it seemed to be very familiar. As a sommelier at an Italian restaurant working with an all-Italian list, I am used to working with white wines that are not so aromatic but are full of interest, in terms of flavour and texture. In Italy there is a specific term for it – “aroma di bocca” – and Seyval Blanc seems to have this in spades. Peter’s Seyval Blancs – his Cuvée John Inglis Hall 2006 and Cuveé Brian Jordan 2005 – both have mild aromas that remind me of trips to Northern France, bowls of cooked mussels and also, rather aptly, this being an English-made wine, of the scent of warm pavements after rain.
But drinking the Cuvée John Inglis Hall was a much more revealing experience. The palate was so fresh – lean and lemon peely, saliney, slightly salty. I was transported from rolling Sussex hills to the prow of a boat in a stormy sea. The Brian Jordan Cuvée in the mouth was more developed, more complex and showed, curiously, flavours of fresh roasted coffee and raw summer girolles. It tasted like the smell of a deli. Of chilled cheeses and green olives in brine.
Unsurprisingly these sparkling wines worked beautifully with food. Peter’s wife Christine had prepared a salad of lettuce leaves pulled that morning from their garden and she brought out great chunks of cheddar and rounds of goats cheese. Baskets of French bread were passed around and so we began a very English, luxuriously long, lunch. I sat back, and thought of England and of the award winning wines I had tasted that day.
私 はそれまでセイヴェル・ブランの味を知らなかったが、とても馴染はあった。全てがイタリアのメニューのイタリアンレストランで働くソムリエとして、そこま で香りが強くないものの、興味深い味わいとテクスチャに満ちた白ワインを扱うことには慣れている。イタリアではこのようなワインを「アロマ・ディ・ボッ カ」と表現するが、セイヴェル・ブランは、まさしくこれに当てはまる。Peterのセイヴェル・ブラン、「Cuvée John Inglis Hall 2006」と「Cuveé Brian Jordan 2005」はどちらも、北フランスへの旅とムール貝の料理、そして(イギリス産のワインとしてさらにぴったりなのは)、雨の後の暖かい歩道を思い出させる柔らかい香りをしている。
しかし、「Cuvée John Inglis Hall 2006」を飲むと、さらに深く感覚を掘り起こした。それは、レモンの皮、磯風味、かすかな塩味でとてもフレッシュな味わいだった。私は、穏やかなサセックスの丘陵地から、嵐の海を進む船の船首にいるような気分になった。「Cuveé Brian Jordan」の味わいはさらに成熟し、複雑で、興味深いことに、フレッシュなローストコーヒーと、夏の生のジロール(アンズダケ)の風味を見せた。冷えたチーズと塩漬けのグリーンオリーブのデリのような味わいだった。
当然ながら、これらのスパークリングワインは料理と一緒だとさらに素晴らしい働きをする。Peterの妻Christineが、彼らの庭で採れるレタスで作ったサラダを用意し、ざく切りのチェダーチーズとヤギの丸いチーズを持ってきてくれた。フランスパンが順番に回ってきて、私たちはイギリス的な豪華で長いランチを開始した。私は椅子に深く腰掛け、イギリスと、その日味わった、受賞に輝いたイギリスワインのことを思った。

So what is English terroir?

イギリスのテロワールとは?


My conclusion? Here in England we have a wine industry to feel extremely proud of, not just because the wines are hugely drinkable, and work beautifully with food, but because they have that magic quality that great wines share: a capacity to transport the drinker with one sip to those dramatic South Downs.
Bob agreed. “The South Downs are remarkable – sculptural, remote and yet engaging. What a compelling place in which to homestead and make wine. The wind inhabits the experience and in a physical sense, foretells the wine. Not a place, nor a wine for everyone but to be taken on its own terms. A 'terroir' wine, a creature of its place and maker.”
Couldn't have put it better myself. Cheers!
私の結論?ここイギリスには、飲みやすさや、料理と一緒でさらに素晴らしいものになるというだけではなく、最高品質を持つ偉大なワイン(飲む人に、一口でドラマチックなサウスダウンズにいるような気分にさせてくれる。)が造られているという、誇るべきワイン産業がある。
「サウスダウンズは、美しく、辺鄙で、そして人を引き付ける場所だ。人が暮らし、ワインを造る、なんて魅力的な土地だ。」とBobも同意した。テロワール、それはその土地と醸造者のために造られたものだ。
最高の気分に、乾杯!

http://www.breakybottom.co.uk/
http://www.ridgeview.co.uk/

オリジナル Article
http://www.drinkbritain.com/news/2011/09/daytrippers